あなたは夫の「婚外恋愛」を認められますか?結婚は「恋愛と生活」のパッケージ/漫画『1122』作者・渡辺ペコさん

Pocket

ケアしないと薄れていく“夫婦の恋愛感情とセックス”

――パッケージの優先順位が一致するのは理想的ですが、現実にはそうでない夫婦が多いように感じます。

 

渡辺:女性は、結婚生活で重要度の高い要素である「家事能力」や「経済観念」という実務の要素と、「恋愛」という感情の要素をセットで考えがちだからではないでしょうか。

世間では「恋愛から結婚へ推移するのは自然で、幸せなこと」とされているように感じますが、個人的には恋愛と結婚は相性はあまり良くないと思っています。

結婚生活は長く続くものだから、自分が本当に必要とする要素の見極めが大事なのに、恋の要素と重ねてしまうと、見誤ったり、大事なことを2人でつめにくい。だから、恋愛中の幻想や興奮がある冷静ではない状態で、結婚に踏み切ってしまうのは危険な気がしますね。

 

――今は恋愛結婚が主流で、「結婚しても夫婦で恋愛していたい」という女性も多いですね。

 

渡辺:夫婦で恋愛し続けるというのはかなり難易度が高いんじゃないかなあ。それができている夫婦は、相性とか、お互いの心がけとか、非常に高度な技術の上で成り立っているということを踏まえたほうがいいのかも。かなりのレアケースだと思ったほうが(笑)。ただ、再婚や晩婚では上手にやる方が多い印象です。

 

――セックスレスの夫婦が増えていることも、関係しているのでしょうか?

 

渡辺:夫婦においてわたしは恋愛とセックスは別物だと思うのですが、意識して定期的にケアしないと薄れていくという面では同じだと思います。多くの夫婦が、セックスの優先度をすり合わせできていないように感じます。
ただ、たとえ話し合えたとしても、ふたりが同じように満足するのはすごく難しいと思うので、どちらかが我慢して、相手に合わせている状況が多いのでは。

 

――では、恋愛感情が落ちついてきたり、セックスレスになったりしたら、どうすればいいでしょうか?

 

渡辺:恋愛やセックスに限らず、夫婦で定期的にパッケージの優先順位をすり合わせることが大切だと思います。
世間一般的に良しとされる要素と、自分が本当に大切にしたいものって違うと思うし、年齢や結婚年数によっても変わってくるので、お互いが恋愛やセックスのない生活に居心地の良さを求めているなら、セックスレスでも当面問題ないのでは。ただ、それはまた変わるかも、ということをお互い忘れてはいけないですね。寿命も伸びてますしね…。

1122_page3

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU