結婚生活に嘘は混じるもの。矛盾だらけの夫婦が「いい夫婦」になるには/漫画『1122』作者・渡辺ペコさん

Pocket

婚外恋愛をしても、パートナーを尊重するのが最低限の礼儀

――世間ではパートナーに秘密の婚外恋愛がほとんどだと思うのですが、隠してまでするほどのメリットはあるのでしょうか?

 

渡辺:パートナーでは満たせないパッケージの要素を補えるので、一時的にはバランスが取れるとは思います。でも、夫婦関係が不安定になったり、罪悪感を抱いたりと、デメリットも大きいですよね。それに、外の恋愛を家庭に持ち込まないってかなりのスキルが必要なので、精神的な安定も難しいと思います。そんなにうまくこなせる人もちょっといやらしい気がするし(笑)。

 

――婚外恋愛をしながら夫婦関係を維持するために、気をつけるべきことはなんでしょう?

 

渡辺:恋愛が高じてくると、年末年始や結婚記念日であっても、不倫相手とのデートを優先するようになる人もいる。それって境目があいまいになって、家族を軽んじるようになってるということだと思います。

夫婦にしても家族にしても、大事な関係性の相手をないがしろにするのは、相手をバカにした行動だと思うので、気遣いは忘れるべきではないと思います。とはいえ、恋愛中の酩酊しているような状態では判断力も鈍るし、切り替えは知性や経験値でできるものでもないので、多くの人がぐだぐだになるのでしょう。

 

――ペコさんご夫婦は、婚外恋愛を容認できますか?

 

渡辺:うーん……「あなたはうまく切り替えられる自信がありますか?」って聞くかなあ。私は切り替えができないタイプなので、もし「どうぞ」と言われても、バランス崩して自滅しそう…。ただ、長い結婚生活の中でそういったことがやむを得ず発生したとしても、そのことで絶望したり、夫を嫌いになったりはしないと思います。私たちにとって今はセックスが最優先事項ではないし、私は人として夫をとても信頼していて一緒に生きていきたいと思ってるので、たとえ夫がどこかで恋をしても、そこは変わらないと思います。いや、でも実際には「このやろう」とか言って追いかけ回すかも(笑)。

 

1122_page6

(C)渡辺ペコ/講談社

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU