健やかじゃないときも夫婦で生きる【2017年人気記事】

Pocket

オタクと夫の「地雷」

カレー沢薫のカレーなる夫婦生活

理解することが大事な「夫が怒ったこと」/カレー沢薫

私は平素、家にいるときは大体二階にある自分の仕事部屋に閉じこもっており、扉はしめている。そして中では大体映画『八甲田山』を結構な音量で流している。
よって、階下からの夫の呼びかけが聞こえず、返事をしないことが多々あった。それに対し、夫は前々から苦言を呈していた。

そして、ついに激おこしたのである。

自分には2兆点は呆れるところがあると自負するカレー沢さん。しかし、夫が激おこしたのは思わぬところでした。
人それぞれに「地雷」があり、家族ならそれを理解することも大切なのかもしれません。

 

結婚は「健やかなるとき」ばかりじゃない


病めるときと貧しいときはガチでヤバい!夫が無職になったとき/ティナ助

そこは端折って「健やかなるときも」と「富めるときも」ってポジティブなワードだけで締めたらダメなんか。締まらないんか。

逆に言うと、そんなネガティブな確認作業を公にやらなきゃいけないぐらい、夫婦って危ういものだってことなんでしょうね。ううん、夫婦が、じゃないわ、「病めるとき」と「貧しいとき」の、ヤバさがガチでヤバい、って話なんですよ。(語彙も死ぬ)

結婚式の誓いの言葉にもある「病めるときも貧しきときも」。夫婦なんだから助け合うのは当たり前と、そのときは思っていても、本当にそうなったら…?夫がうつ病を発症して無職となってしまったときのことを語ってくださいました。

 

娘の成長と父の心境

series_03
「だって恥ずかしいんだもん」娘の一言に傷ついたひな祭り/山田ルイ53世

さて、“雛祭り”である。

妻が張り切り、ちらし寿司をはじめとした御馳走を拵えた。

炭酸ジュースが注がれたプラスティック製のワイングラスを前に、娘も御満悦である。

普段は駄目だが、今日は特別。

行事やお祝い事の際は、食事の時にジュースを飲むことを許している。

一つ気になるのは、“ワイングラス”である。

男兄弟ばかりの山田さんには馴染みがないひな祭り。けれど、今は娘のももちゃん(4歳)がいるので、家族でお祝い。その席で、娘さんから思いもよらぬ言葉を投げかけられ…。

娘さんに髭男爵であることを隠している山田さんの複雑な胸の内が、申し訳ないけど笑えます。

 

Text/TOFUFU編集部

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU