夫の得意分野と苦手分野と鼻クソ健康法/59番目のマリアージュ

Pocket

夫の一番の苦手分野

0cf6fd7cf6ac0d6ea98f5971fcedec22

 

そんな夫の一番の苦手分野は「恋愛」である。

昔、我々が出会った行きつけのバーで飲んでいた時、常連の男性(彼女持ち)が女連れで店にやってきた。

二人の交わす視線や態度から「…ヤってる!」と眉間から稲妻が飛び出た私。

次の瞬間、夫が「あれ、今日は彼女と一緒じゃないんですか?」と言いやがったので、慌ててカウンターの下で脚を蹴ると「なんで脚を蹴るんだ」と言われて頭を抱えた。

 

ありえないほど気まずい空気…喩えるなら紀香と愛之助が飲んでるバーに陣内と熊切あさ美がやってきたみたいな空気に耐えきれず、私はお勘定を頼んだ。

店を出た後「あれはどう見たって友達じゃなく浮気相手でしょ!」と言うと「そんなもんわかるか!俺には哺乳類か爬虫類かの区別しかつかない」とキッパリ返された。

 

このように恋愛が苦手な夫は、ディープキスのやり方も知らなかった。「こうやってやるんやで」と舌を入れてみたら、目をシロクロさせて「こんなの外国映画で外人がやるキスじゃないか!」と言うので「日本人でもやるんや!」と返した。

 

そんな我々だが「夫婦は割れ鍋に綴じ蓋」をモットーに、得意分野と苦手分野で補い合って暮らしている。

 

今住んでいる中古マンションを購入した際も「インテリアに希望はあるか?」と聞くと「インテリアってなんだ?」と根源的な返しをされたので、壁紙も家具も何もかも私がセレクトした。

一方、夫は引っ越しの際に得意の運搬力を発揮していた。

だが夫がダンボールに書いた「ワレモノ」の文字が「ワレチノ」「ワレモレ」と微妙に全部間違っていて、私は引っ越しの間中ずっと笑っていた。

アラビア語は練習しているが、片仮名は苦手な夫。

 

TOFUFUで連載中のカレー沢先生も片仮名が苦手で「マリリン・マンソン」が「マソソソ・マソソソ」になる、とコラムに書かれていた。

うちの夫もかなりマソソソになる方だが、べつに片仮名など一文字も書けなくてかまわない。私が男に一番求めるものは戦闘力だからだ。

 

以前、女友達が我が家に泣きながら駆け込んできたことがある。

モラハラ彼氏に家に居座られた挙句、物を投げられて「出ていけ!」と追い出されたそうだ。

 

「クルド人のように気の毒だ」と同情する夫に「そんなゴミは駆逐すべきだな、キミいざとなったら出動してくれるか?」と聞くと「了解」と頷いて「ローリングコブラツイストをかけようかしら」と悟空のようにワクワクしていた。

 

 

私もかつてはモラハラ男にハマって「私なんていつ死んでもいい」ぐらいにメンがヘラっていたが、結婚後は「夫のためにも長生きせねば」と思うようになった。

健康で長生きするために、鼻クソを少しずつ食べてみてもいいかもしれない。

 

Text/アルテイシア

 

書籍発売中

arurenai

新刊『オクテ女子のための恋愛基礎講座』発売中
アルテイシアさんが自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決。

パートナーを得た女性も、より魅力的な女性になるためにどうぞ♪

姉妹サイトAMでも連載中!

AMaru

TOFUFUの姉妹サイト「AM」でもアルテイシアさんは連載中

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU