「子宮をとってもビッシャビシャ!」子宮全摘1周年記念①/59番目のマリアージュ

Pocket

59番目のマリアージュ

pexels-photo

 

40歳になったら子宮をとろうと思っていた。

 

計画通り、約1年前に子宮筋腫の根治のため、子宮全摘手術を受けた話を書こうと思う。

 

成人女性の3人に1人は子宮筋腫があると言われ、私の周りも「検診で見つかった!」「今は経過観察中!」という筋腫シスターズが多い。

私も28歳の時にファースト筋腫発見、それ以降、書籍やネットで情報を集めてきたが「知りたい情報がないやんけ」と思っていた。「自然療法やスピ系の話はやたらあるのに、セックスの話がないやんけ」と。

 

セックスと密接にかかわる病気なのに、まともな情報が少ない。これはセックスコラムニストとして書くべきでは?と思い、術後1年間、己の下半身と向き合ってきた。

あくまで一個人の体験だが、「子宮をとってもビッシャビシャ!」「我がGスポットは健在なり!」みたいな話を聞く機会はあまりないと思うので、少しでも誰かの役に立てば幸いだ。

 

子宮は誤解されがちな臓器で、卵巣と区別がついてない人も意外と多い。私も「子宮をとると女性ホルモンが出なくなるんでしょ?」とよく聞かれた。

 

子宮は赤ちゃんを育てる袋であり、女性ホルモンを分泌するのは卵巣だ。だから子宮をとっても卵巣が残っていれば、女性ホルモンの分泌に影響はないし排卵もする。

と説明しても「でも知り合いが子宮全摘したら、更年期が早く来たって」「性欲がなくなったって」「濡れなくなったって」「男っぽくなったって」…などと言ってくる人がいる。

 

言う方に悪気はないのだろうが、言われた方は不安になるだけだ。

私は筋腫歴が長いので、いろんな不安を解消すべく医学知識を調べていたし、主治医の先生も丁寧に説明してくれた。

 

先生の説明によると「子宮をとっても女性ホルモンの分泌に影響はないので、それが原因でホルモンバランスが崩れて、更年期症状が起こることはない。もともと更年期は45~55歳と幅があり、女性ホルモンの減少は個人差が大きい。また子宮を失った喪失感により落ち込む人もいるので、メンタルの不調による影響が大きいんじゃないか」。

そもそも心身が不調な時は性欲なんて湧かないし、「濡れないかも」と不安な時は濡れないものだ。

 

私は「子宮…何もかも懐かしい…」みたいな感傷は皆無で、むしろ「とったぞー!ヒャッハー!!」とノリノリだったので、術後1年たった現在、心身ともに絶好調でビッシャビシャなのだろう。

そして、つくづく思う。自分は非スピリチュアルな人間でよかったと。

 

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU