「陰核、勝負!」「陰茎、覚悟!」子宮全摘1周年記念②/59番目のマリアージュ

Pocket

「子宮を失った人は可哀想」という呪い

51BBweC3nOL

個人差があるだろうが、私は子宮をとったことでメリットしか感じなかった。

だが手術後「子宮をとったことを悲しまない女は変」という空気をたまに感じた。

 

たとえば、知り合いのオッサンに子宮摘出の話をしたら「そうか…辛かったな」と言われたので

アル「いや全然、体調もいいし最高ですよ」

知人「いや…でもやっぱり辛いだろう」

アル「それ盲腸とった人にも言います?」

 

「子宮は女にとって特別な存在、だから失った人は可哀想」と決めつけることが呪いだろう。

母の死のコラムにも書いたが「普通は悲しむべき場面で悲しまない人間はおかしい」とレッテル貼りする人間はいる。

 

このオッサンも「でも盲腸と子宮は違うだろう」とまだ言うので、「でも、おりものは出ますよ!おりものって子宮だけじゃなく膣からも分泌するんですよね!まあ鼻クソみたいなもんですね!」とハキハキ返したら、それ以上何も言わなかった。

 

この時、私が本当に言いたかったのは「私の臓器のことを、貴様がとやかく言うな」だ。

 

私は私の子宮をとったが、子宮温存手術を選ぶ人もいれば、手術せず閉経まで待つ人もいる。

どんな選択をするにせよ、自分の体の決定権は自分にある。辛い思いや痛い思いをしているのは自分なのだから、世間や他人の声に振り回される必要はない。

 

次回は手術にまつわる話を書こうと思う。

 

カッパ先生はスーパードクターK(カッパ)と呼びたいほどの名医で、手術中の出血量はたった25mlだった。大さじ2よりも少ない量で臓器を摘出するなんて、キャトルミューティレーションか?とびっくりだ。

 

ちなみに手術後、夫が摘出した子宮を確認したのだが、「臓器を見るのは無理!」と拒否する人もいるらしい。

我が夫はホラー映画好きでどんなグロ画像もイケるタイプなので、「写真を撮っといてくれ」という私のオーダーに答えて、様々なアングルから撮影してくれた。

その画像を女友達に「見る?」と聞くと「無理!」と青ざめる子もいれば、「見る!おーすげえ!これLINEで送って!」と食いつく子もいて、人それぞれだなあと思う。

 

次回は手術について書くが、グロ画像は掲載しないので安心してほしい。

 

Text/アルテイシア

 

姉妹サイトAMでも連載中!

AMaru

TOFUFUの姉妹サイト「AM」でもアルテイシアさんは連載中!

「トラウマを乗り越えて婚活を始めたキッカケは」男男した男が怖い女子にカウンセリング①

「クソアマ、死ね!」と恫喝されて…(泣)/婚活疲れで胃カメラ女子にカウンセリング①

「イケメンに課金する人生、最高かよ!」そこにいる喪女さんにカウンセリング①

最新刊発売!

artesia_yoru_jyosikai

過去10年間に執筆したエロコラムが詰まった『アルテイシアの夜の女子会』が2018年2月7日に発売。表紙はTOFUFUでも連載してくださっているカレー沢薫さんのイラスト。BL研究家・金田淳子さん、妖怪作家・ぱぷりこさんとの対談も収録。

待望の電子書籍化!

『59番目のプロポーズ』

入手困難となっていたアルテイシアさんのデビュー作が待ちに待った電子書籍化!

本連載でおなじみの59番さんとの出会いが綴られています。

『恋愛格闘家』

59番さんと出会う以前の恋愛経験を綴ったこちらも電子書籍化!

あわせてチェック!

大ヒット発売中

arurenai

『オクテ女子のための恋愛基礎講座』発売中
アルテイシアさんが自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決。

パートナーを得た女性も、より魅力的な女性になるためにどうぞ♪

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU