セックスレスと疑惑の総合商社/59番目のマリアージュ

Pocket

「男のために女磨きしろ」「だが断る」

61b94epqcdl

一方、女性誌のセックス特集は「ボディやテクを磨け」「ムード作りをしろ」など、セックスには努力が必要だと説く。

しかしペニスはプレッシャーに弱い棒。セクシーな下着でアロマをたいて鬼気迫る表情で膣トレとかされたら、むしろ萎えるだろう。

女の側も「完璧ボディを目指せ」などプレッシャーをかけられたら、永遠にセックスなどできない。

 

私は「男のために女磨きしろ」と言われたら「だが断る」と岸辺露伴なみにキッパリ返す人間だ。

膣圧を鍛えるのも未来の自分の尿漏れ対策のためだし、ムダ毛の処理も自分が快適に過ごすためにやっている。

 

そんなわけで、このたびVIO脱毛にトライした。

脱毛済みの友人たちから「スッキリ清潔で快適」「夏でも股間が痒くならない」「股が一休さんみたいでカワイイ」と聞かされ、そりゃイイネ!と思ったからだ。

 

私は医療レーザー脱毛を選んだのだが、事前にHPを見ると「輪ゴムで弾く程度の痛みです」と書かれていた。それなら大丈夫かも、といざ施術を受けてみると…「これ電撃ネットワークのゴムパッチンやないか!!」

 

あまりの痛みに「小陰唇、燃えてませんか?」とスタッフに聞くと「燃えてませんよ」とにっこり返されたが、Oラインに至っては「会陰地方が火事よ~!!」と叫びたいほどだった。

 

もともと私は痛みに弱い方なので、「次回は2時間前に麻酔クリームを塗ってきてください、ラップを巻くとより浸透します」とクリームを渡された。

 

そこで二回目の施術前、自宅で股ぐらにクリームを塗り、クレラップを巻いてみた。

クレラップガールズもこんな使い方をされているとは想像しないだろう。

 

透明のふんどし風のいでたちで鏡の前で仁王立ちすると「自分は何をやってるんだ?」という気になった。

その姿で夫の部屋に行き「なあこれどう思う」と聞くと「キミは何をやってるんだ?」ともっともな返しをされた。

 

夫の方は、妻の股がツルツルだろうがボサボサだろうが、どうでもよい人間だ。

以前、バーで「女のムダ毛とか萎えるよなー!」と騒ぐ男どもに、夫は「人間が猿から進化したのを知らないのか?キミたちは共和党員か」と鋭く切り返していた。

 

女の体毛に文句を抜かす連中など、波紋のスパークで頭髪を全部むしってやればよい。


 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU