「交際2ヶ月目」の感じをキープする夫婦の秘訣/アルコ&ピース・平子インタビュー

Pocket

1

プロフィール:平子祐希さん(アルコ&ピース)

アルコ&ピースとして、相方の酒井健太さんと活躍中。
2007年に妻・真由美さんと結婚。2児の父。
愛妻家芸人として、バラエティ番組にひっぱりだこ。
TBSラジオで放送中の『アルコ&ピース D.C.GARAGE』は編集部も大ファン!
twitterはコチラ

 

結婚すると、交際時とは違う関係になる夫婦は多いもの。嫌いじゃないし、ずっと好き。この関係だって居心地がいい。けれど、やっぱり「カップル」だったときと比べると、情熱的じゃないのは事実。

 

みんなこんなものでしょ?と思いきや、交際時と変わらない関係をずっとキープしている夫婦がいるんです!

 

TVやメディアで、アツアツっぷりを披露しているアルコ&ピースの平子祐希さんは、妻・真由美さんとずっと「交際2ヶ月目」をキープしているそう。

 

そんな平子さんに夫婦円満の秘訣、そして芸能界一の仲良し夫婦は、普段どんな生活をしているのかをうかがいました。

 

子持ちの人妻と一緒に住んでいる!?

2

―平子さんご夫婦はいつまでもラブラブですよね。何か秘訣があるんでしょうか。

 

H:当たり前ですけど、「妻は誰かの子どもで、親は幸せを願っている」ってことを忘れずにいることですね。そうすると、お互い思いやって生活できるんじゃないでしょうか。

 

―平子さん、3歳の娘さんのお父さんですもんね。

 

H:そうです。僕も娘が結婚したら幸せになってもらいたいですし。

それに、真由美ちゃんもすごく気をつかってくれるんです。家事や子育てもがんばってくれてますし、外では僕を立ててくれる。僕の誕生日など、真由美ちゃんが支払いするときは、テーブルの下でお金渡してくれたり。すごく古風なんです。

 

―素敵ですね。交際時から仲の良さは変わらないんですか?

 

H:そうですね。いや、でもさらに仲良くなってるかな、ウチは。

それに「好き」の種類も変わってるような気がします。「若々しい好き」から年齢を重ねるごとに、「中年の女としての、深みのある情欲」みたいなのを感じます。

 

―情欲、ですか…。

 

H:真由美ちゃんも自覚していて、「30中盤越えてから、スイッチ入っちゃったのかな?」って言ってます。その情欲が、上手くいってない家庭だと「でも夫には触られたくない!」って外に向いちゃうのかな。

3

―出産を機にこじれる夫婦は多いですが、そんなこともなく?

 

H:ひとり目が生まれたとき、真由美ちゃんが一瞬だけ「お母さん100%の顔」にはなりました。

出産前のようにベタベタしたら、「私、いままでの感覚じゃないかも。たぶん、お母さんになってる」と言われて…。ショックでしたね。でも、一週間くらいで戻りました。

 

―自然と戻ったんですか?

 

H:「俺もお父さんになるからね!? 今までみたいにイチャイチャしないからね、一生!」って、大喧嘩しました。

 

―大人げない…。

 

H:そしたら「それはイヤ」ということで、元の状態に戻りました。

そこで話し合わないと、そのまま不仲になってしまうんじゃないでしょうか。

 

それに、今の僕の状態を第三者として俯瞰で見たとき、「人妻と一緒に住んでいる」って見方ができるじゃないですか。

 

―そう、ですね…?

 

H:そうですよね? で、子どもが生まれると「子持ちの人妻と住んでる」ってことになる。それってライトノベルのあらすじにしたら、すごくエロい内容を想像しちゃいませんか?子どもが生まれたことで、深みが出ましたよ、生活に。

 

―しかも、「子持ちの人妻」はよく考えたら大好きな女性ですし、二度おいしいのかもしれませんね。


 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU