紫原明子×柳下恭平が考える、現代女性と家族の在りかた『家族無計画』トークイベントVOL.1

柳下恭平さん×紫原明子さん
Pocket

結婚と離婚は気軽にできるほうがいい

柳下恭平さん

柳下恭平さん

明子:柳下さんは、計画的に家族になられました?

 

柳下:え!? 僕は基本、付き合うときは結婚するつもりでいます。例えば自分の好きな人が交通事故とかに遭って手術が必要になったとき、そのサインができる状態でいたいんです。ベターハーフというか、人生の半分を交換し合うという意味では、パブリックにフェアな関係になるのは結婚でしかないんですよね、残念ながら。

でも、結婚ってあくまでも法律的な関係でしかないけれど、ある意味法律的なことが全部クリアできる関係でもあるんですよね。

 

明子:死んだときの遺産相続問題とかね。ただ一方で、私は結婚しているときに思ったんですけど、死ぬとか危機的な状況にならない限り、法律的に守られることにあまりメリットなくないですか?

 

柳下:むしろ離婚のときのデメリットっていうのはありますよね。別れにくいのは事実です。でも、最初から別れるつもりで付き合わないでしょ、誰しも。だからこそ、もっと気軽に付き合ったり別れたりできる関係もアリなのかな? とは思いますけどね。

 

明子:私も本当にそれがいいと思っていて、何回も結婚して、何回も離婚してっていうのが理想的だと思っているんです。それと子どもに対しての責任は、また別の問題だと思うんですね。

 

柳下:まぁ夢のある話もすると、そんなに離婚ありきじゃないような気もするんですけどね。性善説でつながっていたいというか。

 

明子:最初は……。

 

柳下:そうですよね、最初は、ね(笑)。

 

明子:最初は、みんな離婚するつもりなく結婚しますよね。だけど、だんだんこう、「夫婦だったらちょっとの我慢も必要」っていう“ちょっと”のところが、「これくらいかな?」「これくらいかな?」って大きくなっていったときに、最終的には「夫死んでほしい」とかになるんですよね。“結婚”というところから逃れられないがゆえに、検索履歴が「夫死んでほしい」、「離婚 慰謝料」、「40代 独立 女性」っていうことになりかねないんじゃないのかな。だから、家族を呪う前に、自分とパートナーの救済措置としての離婚という方法があることも、思い出して欲しいなと思います。

 

次回に続きます。

 

Text/千葉こころ

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU