子どもの創造力を伸ばすって?お受験ママに思うこと/旦那さまは貴族(山田ルイ53世)

Pocket

“長い丸”はなぁに?

小さな子供のこと。
集中力は長続きしない。
何か、“もぞもぞ”とし始めたのか、見咎めた母親が、
「ママのお話ちゃんと聞いてるの!?」
全く、一々煩い女である。
「もういい!折角、ママが“お耳”付けて産んであげたのに、もう知らない!!」
聞くに堪えない。
「“お耳”がなければ、お前の小言も聞かずに済んだわ!」
小さな男の子に、そんな“返し”は望めない。

「この“長い丸”のは?どうして描かなかったの!?」
話題は次の設問へ。
「“ねこさん”にだって、“飛行機”にだってできるでしょ!?」
「ちゃんと、練習したでしょ!」
創造性を練習していいものなのか。
甚だ疑問である。
「“長い丸”は何に出来ますか?」
執拗に繰り返す母親。
(“長い丸”?知らんがな……うんこやうんこ!うんこでえーよ!!)
声には出さず、毒づく僕。
すると、男の子は、自棄(やけ)になったのか、
「うんこ!!」
……驚異のシンクロ率。
僕が“エヴァンゲリオン”なら、ぜひ彼にパイロットとして搭乗して頂きたい。

「もう嫌だ!ママは帰ります!!」
店中の人間が、
「やったー!帰れ!!」
そう思っただろう。
実際、彼女が席を立ったのは、注文していた“ウニの釜めし”を平らげた後だったが。

“お受験”は否定しない。
しかし、「○」をどうこうすることが、子供の“創造力”を豊かにする・・・そう信じている人間にしては、自分の言動で子供が受けるストレスの悪影響、それに対する“想像力”が貧し過ぎる。
いかがなものか。

しばらくして、ようやく合流して来た、妻と娘。
試しに、手帳に“細長い丸”を描いて、娘に見せる。
「しゃぶしゃぶおにくーーー!!!」
我が家の定番“豚しゃぶ”、その主役を連想したのか。
僕の採点では、「○」……満点である。

 

Text/山田ルイ53世

次回は【まさかの浮気疑惑!奥さまは名探偵】です。
お楽しみに。

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU