天才はいるが、それは「あなたの子ども」ではない/旦那さまは貴族(山田ルイ53世)

Pocket

1

知人夫婦の夢

1

二年程前。

 

知人夫婦が、我が家を訪ねてきた。

 

息子も伴い、家族総出である。

 

地方から、遠路遥々の上京…と言っても、別に旧交を温める為ではない。

 

東京に来るのは毎週の恒例行事であり、ついでに立ち寄っただけとのこと。

 

「息子を子役にする!」

 

それが、夫婦の希望…夢。

 

都内の芸能事務所でレッスンを受ける為、毎週、車で通っている。

 

月謝などの出費も馬鹿にならぬだろう。

 

その熱心さには頭が下がる。

 

しかし、僕には、彼らの息子が、一端の子役となり、成功するとは到底思えなかった。

 

人見知りなのか。

 

終始、母親の背中に隠れ、もじもじと。

 

容姿も凡庸…いや、率直に言って、少々不細工である。

 

“味”のあるタイプでもない。

 

人様の子どもをつかまえて、失礼千万だが、要するに普通なのだ。

 

“一発屋”風情が口幅ったいが、二十年近い芸歴、その半分以上を、芸能界で金を稼ぎ、飯を食い、家族を養ってきた人間。

 

加えて、本物の子役達との共演経験も何度かある。

 

確かに、何かの才能に恵まれた、“天才”と呼ばれる類の子どもは存在する。

 

しかし、大抵の場合、それは、“あなたの子ども”ではない。

 

残酷だが、厳然たる事実。

 

余程、忠告してやろうかと思ったが、

 

「凄いやん!頑張ったら絶対なれるよ!!」

 

おくびにも出さず、そう言い放ち、自室に引っ込んだ。

 

よそ様の御家庭のこと。

 

口出しなど、余計なお世話なのだ。

 

そもそも、興味もない。

 

何より、僕にした所で、彼らのことを言えた柄ではないのだ。

娘は特別な存在では? >>

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU