天才はいるが、それは「あなたの子ども」ではない/旦那さまは貴族(山田ルイ53世)

Pocket

娘は特別な存在では?

2

二、三歳の時分、娘の一番のお気に入りは、粘土遊びだった。

 

僕も、随分と付き合わされたものである。

 

ある日。

 

「パパ―!ももちゃんの“おかお”つくりたいー!!」

 

粘土で自分の顔を作りたいらしい。

 

粘土遊びの教本に載っている、“女の子の顔”なる作品の例。

 

それに刺激され、作ってみたくなったのだろう。

 

“顔”と言っても、ブローチのような平面の作品。

 

なんとかなりそうである。

 

まず、白と赤の粘土を混ぜ合わせ、肌色を作る。

 

それを丸く平たく延ばし、顔の土台とする。

 

後は、ピザと同じ要領。

 

黒の粘土で拵えた小さな目をトッピング。

 

鼻や耳は先程の肌色の粘土で間に合うはずだ。

 

髪の毛は…などと、即座に頭の中で段取りをし、

 

「じゃあ、ももちゃん!一緒に作ろう…パパのまねしてねー!!」

 

娘を促し、早速、“顔”の作成にとりかかる。

 

しばらくの間、お互いの作業に集中していたが、

 

「うーん…もう!」

 

隣で、娘が愚図り始めた。

 

「どうしたの?」

 

と尋ねると、

 

「“おくち”どうやってすればいいかわからないーーー!」

 

“口”の作り方、つまり、粘土で口をどう表現するのかが分からないということか。

 

そう解釈した僕は、既に仕上がっていた自分の肌色の顔の土台、ピザ生地の下半分の辺りに、ヘラで線を描いてみせ、

 

「はい!お口!!」

 

と、娘に渡してやった。

 

しかし、

 

「ちがうちがうー!!」

 

即座に否定される。

 

一体、何が違うのか…その時である。

 

何か不気味なものが僕の視界に入った。

 

娘の傍らに、無造作に転がっている赤い物体。

 

粘土である。

 

長径八㌢程の楕円形、小判状に成形されたそれは、しかし、平たくはない。

 

中央部分に、ふっくらと厚みを持たせてある。

 

娘はその赤い粘土の塊を手に取り、

 

「おくちどうやってするのーー!?」

 

と僕に差し出してくる。

 

「ももちゃん…それ何?」

 

怖々と尋ねた僕に、娘は満面の笑みで答えた。

 

「べろーーーー!!」

 

そう…それは、人間の舌だった。

 

しかもどうやら実寸大の、大人の舌である。

 

恐らく、参考にしたのは僕か妻のそれ。

 

いずれにせよ、粘土で顔を作る際、普通の子どもが舌から作り始めるだろうか。

 

このまま成長すれば、我が娘は、1/1スケールの粘土人間を完成させるに違いない。

 

なんと猟奇的…そして、独創的。

 

僕は彼女の発想、その感性に、“舌”を巻いた。

 

「俺の娘は、特別な子どもかもしれない…」

 

気が付けば、僕は幼児の絵画教室や陶芸教室がないか、スマホで検索し始めていた。

 

その後すぐに、娘が粘土遊びに興味を示さなくなったので、思い止まれたが。

 

そうでなければ、通わせていたに違いないのだ。

 

子どもを前にすると、皆、“親バカ”になるのである。

Text/山田ルイ53世

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU