ゾンビ・悪霊・怪物、もうこわくない!家族をもった男の強さ/旦那さまは貴族(山田ルイ53世)

Pocket

series_03

1
僕は、“ホラ―映画”が好きである。

 

特に、“ゾンビ”関連の作品は、かなりの本数を鑑賞してきた。

 

“一発屋”である自分の現状が、ゾンビと重なり合う…別に、そんな話ではない。

 

単純に好きなのだ。

 

 

実はここ数年、その好きなホラ―映画を堂々と楽しめない環境にある。

 

結婚し、娘が生まれたことが大きい。

 

この夏、四歳になったが、まだまだ年端もいかぬ子供。

 

彼女の前で、阿鼻叫喚の地獄絵図、血みどろのスプラッターシーンは、好ましくない。

 

家族が集まるリビングでの鑑賞は憚られる。

 

 

結果、自室で一人、コソコソと鑑賞することに。

 

一人で観るホラ―映画は、むしろ恐怖も増し好都合なのだが弊害もある。

 

家族も寝入った夜も深い時間帯になると、

 

「シ――――ン」

 

矛盾した言い方になるが、その静けさははっきりと耳で聞き取れる程。

 

少しの物音でも派手に響き渡る。

 

ある時など、

 

「キーボードの音が大きい!!」

 

隣室で娘と寝ていたはずの妻が、僕の部屋に恐ろしい剣幕で怒鳴りこんできた。

 

別に、自分の担当楽器を猛特訓していたわけではない。

 

そもそもバンドを組んだ覚えもない。

 

漫才の台本を書いていただけ。

 

どうやら、パソコンのキーボードを叩く音がうるさくて、眠れなかったようである。

 

 

深夜には、それほど、僕の部屋の物音は、妻と娘が眠る隣室に筒抜けとなるわけだ。

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU