「だって恥ずかしいんだもん」娘の一言に傷ついたひな祭り/山田ルイ53世

Pocket

kizoku15_1

先日。

家族で桃の節句をお祝いした。

僕は、男三人兄弟の真ん中で、“ひな祭り”には全く馴染みが無い人生を送ってきたが、娘のお陰で今や恒例行事である。

大体、男子のお祝いである“端午の節句”にも特別な思い入れなど無い人間である。

鯉のぼりや武者人形といったものは、僕の実家には見当たらなかった。

行事ごとに、無頓着な両親だったようである。

僕にとっての“端午の節句”は、芸人を志し上京してからの印象しかない。

当時住んでいた襤褸アパートの近所の銭湯が、“菖蒲湯になる日”……それだけである。

 

kizoku15_2

 

一カ月前には、“節分”もあった。

今年、我が家において、鬼の面を被ったのは娘。

しかも、豆を撒くのも彼女である。

豆の弾丸を一身に浴びる役回りは僕。

思わぬ変則ルールが採用された結果、『鬼が人間を追っかけ回す』という、ただただ救いの無い光景が繰り広げられることとなる。

おまけに、豆を撒く際の娘の掛け声が、

「おにはーそと!ちくわーうち!!」

だった為、我が家の節分は、鬼を家から追い出し、代わりに“練り物”を招き入れる奇祭と化した。

恐らく、地方の小さな漁港あたりで催されているような。

知らんけど。

因みに、娘はちくわに胡瓜を入れたものが好物である。

彼女にとって“福”には違いない。

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU