ワードセンスに爆笑!四歳児の意外な願い/山田ルイ53世

Pocket

series_03

 

kizoku_16

帰宅すると、

「今日、○○さんに『ももちゃんパパ(僕のこと)全然見ないね?』って言われたよ!?」

との妻の一言。

思わず、冷や汗が噴き出す。

 

○○さん、つまり妻のママ友に、

「お宅の旦那、全然テレビ出てないねー!?」

と、ディスられたのだと思ったからだ。

“一発屋”の心は、知覚過敏の歯に同じ。

ちょっとしたことでも、沁みる。

 

褒められた話ではないが、僕は自分が“髭男爵”であることを、娘に隠している。

もっと成長すれば、自ら率先して“一発父”のことを吹聴しようなどとは思わぬだろうが、まだ、世の中の機微を知らぬ四歳児。

うっかり幼稚園の友達や、その親の前で、

「パパが髭男爵なんだよ―!?」

……考えるだけでゾッとする。

要するに、真に隠したい相手は、娘ではなく、その周辺。

幼稚園のママ友連中など、最も知られたくない相手である。

娘が、親の“一発”のせいで、“イジられる”事態だけは避けたいのだ。

(遂にバレたか!クソッ!!)

これまでの苦労が水の泡……と思いきや、僕の早とちり、杞憂であった。

○○さんの、

「全然見ないね―!?」

は、クリスマス会や父親参観等々……幼稚園の行事で、僕の姿を見かけないという意味。

一先ず、ホッとする。

「もっと顔出してよ!」

「娘がカワイソーでしょ!!」

「他のウチは、もっとパパ来てるよ!!」

僕に真っ当な父親を演じさせる為、ママ友の台詞を引き合いに出したようだが、『バレたくない』が理由の欠席は過去に一、二例のみ。

実際は、スケジュールの都合が殆どであり、彼女の非難は当たらない。

言い訳だが。

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU