人のことは言えない…「子どもを印籠扱いする親たち」/山田ルイ53世

Pocket

series_03

 

仕事で地方に行くことが多い。

所謂、営業というやつ。

ショッピングモールや家電量販店の催事場で、漫才を披露しイベントを盛り上げる。

 

出番を終え舞台を降り、しばらく店内を歩く。

最寄りの“関係者以外立ち入り禁止”のドアから“裏導線”へと入り、控え室に戻るためだが、道中、

「握手して下さい!」

「サイン下さい!」

「写真一緒に良いですか!?」

“一発屋”と言えども、一応芸能人……多かれ少なかれ、“そういうの”はある。

 

僕を呼び止める人々の中には、小さな子供を連れた、若いママの姿も。

彼女達によく見受けられるのが、

「ほらー、髭男爵さんだよー!?」

「ほらー、はやくこんにちはーって!(言いなさい)」

我が子を前面に押し出し、コミュニケーションを図ろうとするパターン。

これが厄介である。

万が一断りでもすれば、傍目には“子供のお願いを無下にする極悪タレント”と映り、感じが悪いことこの上ない。

帰りの新幹線の時間が迫っていたりすると正直気は急くが、表面上は神対応。

「ホント、優しくて良い人だったね―!」

との印象が残るよう心掛けている。

 

大体、子供達が気の毒だ。

五歳に満たぬ彼らの年齢と、“髭男爵”の昨今のテレビ等への露出の頻度を考えれば、我々はただの“知らないおじさん”……いや、体重百㌔を越える髭面の”知らない大男”である。

それと、矢面に立って対峙しなければならない。

僕がいくら愛想良く笑いかけても、大概、恥ずかしがり怯え、親の背中に隠れてしまうのがオチである。

「いや、お子さん僕らのこと知らないでしょ!?」

「全然、サイン欲しがってないじゃないですか!」

その都度、自虐的にツッコんで笑いにでもしなければ、此方が一方的に恥をかかされるだけの展開に、

(一体誰にメリットがあるのだ……)

との疑問は禁じ得ない。

にも拘らず、

「ほらー、ちゃんと御挨拶しなさい!」

「サイン下さいーって!」

「おもしろかったよーって!」

と我が子に促す“ママ”達。

 

もはや子供を盾……いや“印籠”扱いである。

もしかすると、

「子供に社会経験を積ませよう!」

「人見知りしない子に育てたい!!」

などと、教育的な視点、目論見があっての振る舞いかもしれぬ。

例えば、先方も子供連れ……幼稚園のママ友同士、親同士の場なら、それも良いだろうが。

 

そう思って普段の暮らしの中で、周りを見渡すと、“印籠扱い”される小さな子供が目につく。

スーパーの店員に、

「ほらー、こんにちはーって!」

飲食店の店員に、

「ほらー、有難うございますって!」

そんな親を見る度に、

(いや、まずお前が挨拶せ―!!)

などと、心の中でつい毒づいてしまう。

もはや、便利なコミュニケーションツールの如き役回り。

何より、恥ずかしがる子供達の、“こんにちは”、“ありがとー”待ちを余儀なくされ、半ば強制的にコントに参加させられる店の方々が不憫である。

中には子供嫌いの人間も当然いるし、そもそも皆忙しいのだ。

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU