早期教育に懐疑的な親の財布すらゆるめる「知育玩具」購入の記録/山田ルイ53世

Pocket

series_03

先日。

家族揃って、買い物に出掛けた。

娘が欲しがっていた、とある玩具を手に入れるためである。

妻曰く、よくお邪魔する幼稚園の友達宅にあった“それ”に、娘が大ハマりしたらしい。

以来僕は、

「ねー!“磁石のカチャカチャのブロック”欲しいー!」

と激しく強請(ねだ)られていた。

 

“それ”は通常のブロックと異なり、三角形や四角形のピースが、全て枠状になっている。

“辺”の部分に磁石が仕込まれており、簡単に立体を作ることが出来るという仕掛け。

購入後、僕も遊んでみたが……なかなか面白い。

まず、平面上にピースを並べて繋げ、“展開図”を作る。

続いて一ヵ所を摘み持ち上げると、“カチカチカチ!”……各所が次々と勝手に結合し、“家”や“ボール”に早変わり。

爽快感もあり、大人でも楽しい。

なんでも、『小学校の算数の授業の理解を深めるのに役立つ!』というのが売りだそうな。

俗に言う、“知育玩具”というやつである。

 

この知育なるワード、子育て中の親にとっては、開けゴマ!と同じ。

開くのは宝物を隠した洞窟の入り口ではなく、財布である。

“知育”を目の前にした途端、多くの親は思考停止に陥り、惜しみなく金を出す羽目になるのだ。

 

かくいう僕もしかり。

元々、娘には甘めの親だが、矢鱈とモノを買い与えるのは、彼女にとっても良くない……それ位の分別、自覚はある。

そもそも、“早期幼児教育”の類に熱心な人間ではない。

効果の程はさて置き、

「○歳までに△△をしないと、子供の脳が!」

などと、未来を人質に取った、脅迫めいた煽り文句に屈するのも気に食わない。

そういう傍若無人な輩達こそ、”早期“に教育し直すべきである。

 

そんな僕も、“知育玩具”なるワードには頗る弱い。

“知育”が頭に付くと、“玩具”という言葉が本来持つ、享楽的かつ退廃的な印象が薄まり、“真面目な玩具”というよくよく考えればおかしな概念が生まれる。

漂うのは、“オーガニックのお菓子”、“ノンアルコールビール”の面々と似たような無害な雰囲気。

『TMレボリュ―ションの楽曲をアコースティックバージョンで聴く』ような、骨抜き感は否めないが、とにかく響きが優しい。

一方“玩具”は、“早期教育”界隈の一味、“知育”に付き纏う、“親の自己顕示欲”が放つ禍々しさを消臭してくれる。

「楽しく遊んでいるうちに、勝手に頭が良くなる!」

という”全自動食器洗い機“顔負けの手軽な印象を醸し出すのも良い。

勿論、ただの錯覚だが、少なくとも子供の教育における親の心理的負担は軽減される。

正に、ウィンウィンの関係。

素晴らしい。

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU