「あたしおかあさんだから」を紐解くと、「私が何で怒っているかわかる?」が分かる話

Pocket

1000円事件

 

スーパーにゴリラと2人で買い物に行った時の事だった。

 

食費担当であるゴリラの持ち合わせが足りなかったため、1000円を貸してくれと言われた私は「いいよ!」と快く財布から現金を出した。

 

その時、ゴリラは急いでいたのか、1000円札を私の手からバッと奪い取ったのだ。

 

私はすぐさま「ヴェ〜ン!」と声を出して地団駄を踏み抗議すると、ゴリラは「え!何!貸してくれるって言ったじゃん!」と驚いた。

 

彼はどうやら、私が現金を取られたことを不満に思っているのだと勘違いしていたようだった。

しかし私は「バッって取ったァ!!!!」と不満の理由を伝えたのだった。

 

 

そうなのだ。

私は1000円をとられたことが不満なのではなかった。

1000円の取り方が不満だったのだ!

 

いつもこんな時は「ねこちゃん(私のことである)ありがとー!借りるね!」というやりとりがあるところ、急いでいたゴリラはそれを省いたのだ。

 

むしろ、その思いやり(?)があれば貸すのが1万円でも良かった。

 

もっと言えば、返ってこなくても不満はないのだ。

 

 

 

お金を貸すという結果は同じなのに、私は感情面のケアを重視していたことが分かる出来事だった。

 

 

超めんどくさい「私がなんで怒っているかわかる?」の正解

 

 

ここまでくると、よくあるめんどくさい質問の答えも少しわかってくる。

 

例えば、「私がなんで怒っているかわかる?」のようなやっかいな質問だ。

 

 

男が、キャバクラに行ったことを恋人から責められているシチュエーションでそう聞かれたとしよう。

 

まず男性側が「俺がキャバクラに行ったから怒ってる?」と言うが、女性側が、「違う!もっとちゃんと考えて!」だとか「違う!なんで私の気持ちがわからないの!」とエキサイトする…。

 

そんなどうしようもないすれ違いをたまに耳にすることがあると思う。

 

 

実は、この場合の女性の求める答えは、『行動した結果、相手をどんな気持ちにさせたのか』にあるのだ。

 

 

したがって模範解答としては、「俺がキャバクラに行ったことで、君を心配させ悲しませてしまった」がベストアンサーなのである。

 

 

意見がすれ違うときは、『行動』 を重視して話しているのか、そこから生まれる『心情』を重視して話しているのかを見極めることが重要なのだ。

 

さもなくば、いつまでたっても理解し合えないものである。

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU