ホテルに泊まって気づいた夫婦の資産の話/元鈴木さん

Pocket

40,000円の壁

 

私はここ数年、お高めから激安まで様々な種類のホテルや旅館に泊まって分かったことがあった。

 

それは、大手を除いて1泊1人40,000円以下のホテルでは理想通りとはいかないことが必ず起こるということだ。

 

内装が綺麗でも食事が微妙だとか、

食事とサービスが良くても内装がぼろぼろだとか、

食事も宿も良いけれどチェックアウトが5分でも遅れると鬼のように電話がくるだとか、

そういうことが起きる可能性が高い。

 

だが、それは宿側からするとどういうことかと言うと、

改装にお金をかけた分、食事やサービスに予算を割り当てることができなかったり、

逆に食事やサービスにお金をかけた分、内装を諦めねばならなかったり、

スケジュールをギチギチに組まないと採算が取れないため、チェックアウトの時間に余裕がとれなかったり…。

 

そういった事情があるのだ。

 

しかし、奮発して宿泊した1人40,000円以上の宿では、そういったことが一切おきなかった。

 

つまり40,000円とってやっと改装費用を回収でき、十分なサービスや食事を提供でき、チェックアウトにかける時間に余裕を持てる、ということだと思ったのだ。

 

したがって記念日などは、高いけれど40,000円の宿を取ることにしている。

 

そう考えると、ちょっとピーナツが出迎えてくるくらい、仕方がないことだと思ったのだ。

 

私はこれを『40,000円の壁』と呼んでいる。

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU