「ごめん」と言えない関係に未来はない話/元鈴木さん

Pocket

「私は絶対に間違っていない」が傷つけているもの

以前の記事でも書いたように、私たち夫婦はつまらない理由で喧嘩をすることがあった。

私はゴリラより口が達者なため、なんやかんやと揚げ足を取り言い負かすことが多かったが、

そうやって言い負かされても彼は「そうだね〜ごめんね、ねこちゃん(私のことである)は正しいね〜」と子供をあやすように対応することが多かった。

私はそんな彼の優しさに甘えていたのだと思う。

 

ある日、つまらない小さなケンカをしたときのことだった。

いつものように私が自分に都合良く言い返した後に、下を向いてゴリラが

「そうだね、ねこちゃんが全部正しいし俺は間違ってるよね。俺が馬鹿だからわかんないのが悪いよね」

と言ったのだ。

 

私は「このままではいけない」と思った。

愛する人を、自己否定に追い込んだのは、紛れもなく私だった。

 

そして多分、今までの私は他人を同じように追い詰めていた。

ゴリラほど素直に悲しい気持ちを言い表した人がいなかったため、私はその事実に気づけなかったのだ。

 

私が自分の非を認められる人間に変わらなければ、今後も自分の大切な人を傷つけ続けることになる。

もしかすると大人だけでなく、いずれ産むかもしれない子供に、私のような怒りに満ちた人生を歩ませてしまうかもしれない。

 

 

私は自分の未熟さに気づいてしまった以上、変わらなければならなかった。

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU