「食べられるヨ!」絵本の中みたいなロシア生活/シベリカ子

Pocket

シベリカ子のおそロシくない結婚shiberikako_10

P氏と一緒に歩いていると、道端に生えているザクロ(小さくて目立たない)や、キノコ(草に隠れている)をやたら目ざとく見つけるなあと思ってはいました。

ときには、名前もわからないような赤くて小さい実を「食べられるヨ!」と言って食べることがあったものの、そんなにお腹が空いているのか…と哀れむくらいで、さほど気にしていませんでした。

 

が、そんなP氏の行動の理由がロシアに住んでみてわかりました。

 

ロシア人は夏になるとダーチャという郊外の自然の中に建てた別荘で過ごすことが多く、

ダーチャの近くの森に出かけてベリーをとったりキノコ狩りをしたり

そんでそれでジャムやキノコ料理を作ったり

…という、ロシアの絵本の中のようなことを現実に行っているのでした。

それを知ってから、P氏の行動に合点がいくようになりました。子供の頃からの習慣で、無意識に木の実やキノコを見つけてしまうのだと…。

 

合点がいくようにはなったけれど、いま私達が住んでいるのは東京。森もなければダーチャもない。

そんなコンクリートジャングルで道端の木の実を収穫するよりは、コンビニやスーパーでもっとおいしい果物を買ったほうがいいのではないかな、と、埼玉の住宅街で自然に囲まれず育った私は思ってしまうのでした。

 

Text/シベリカ子

コミックエッセイ発売中!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

© シベリカ子 『おいしいロシア』( イースト・プレス)

P氏とのロシアでの生活を
素朴なロシア料理とともに綴ったコミックエッセイ。

かわいいキャラと、ロシアに対するシュールな視点のギャップにクスリと笑えます。

すぐにマネできるロシア料理のレシピつき!

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU