ノーコメントはさみしい?ロシアのマメな習慣/シベリカ子

Pocket

シベリカ子のおそロシくない結婚

shiberikako_18

ロシアのこのような習慣をP氏に教わったのはいつだったか…覚えていないほど前のことですが、いつの間にか、くしゃみをした時にはお互いにロシア語で「お大事に」と言い合うのが当たり前になっているのでした。

赤の他人であればいちいち気にすることはないのですが、友達や知人などであれば、くしゃみをした時に何も声をかけてくれないと、ちょっと冷たいな…という印象を持つのだそう。

それを聞いてから、ロシア人と一緒にいる時にはとっさに声をかけられるよう、「Будь здоров!(ブーディ ズダローフ)」というフレーズを、(相手が女性や目上の人の場合は語尾が変化するので計3パターン)しっかり覚え、すぐ口に出せるように練習したものでした。

はじめは、いちいちくしゃみをするたびに声をかけるなんてロシア人て変なところでマメなんだなあと思っていましたが、一度この習慣に慣れてしまうと逆にノーコメントが寂しく感じられる今日この頃。日本語でも「お大事に」やら「大丈夫?」やら声をかける習慣があったらいいかも?と思ったりするのでした。

 

Text/シベリカ子

 

コミックエッセイ発売中!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

© シベリカ子 『おいしいロシア』( イースト・プレス)

P氏とのロシアでの生活を
素朴なロシア料理とともに綴ったコミックエッセイ。

かわいいキャラと、ロシアに対するシュールな視点のギャップにクスリと笑えます。

すぐにマネできるロシア料理のレシピつき!

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU