ダラ嫁が夫にダメ出しされない秘訣?夫婦のお財布を分けるとイイコト

Pocket

ダラ嫁ウォーズバナー

既婚の女友だちやママ友と話していると、よく飛び出してくる質問があります。

 

「ねぇ、お財布って、分けてる?」

 

これ、小銭入れと札入れを分けてるか? とかそういう話じゃないのです。

旦那と自分の収入・支出やら貯金を、いっしょくたにしているか、それとも別で管理しているか、ということを問うているのです。そりゃそうか。

お金の話題ってものすごーくプライベートなハズ。私も「りゅうちぇる 年収」とか「ピコ太郎 ギャラ」とかはググらずにはいられませんが、人様に「旦那さん手取りいくら?」とは口が裂けても聞けません。そういうのは知ったところで、自分の生活には無関係だし無駄に心がかき乱されるだけですし。

 

なのに、この「お財布問題」がテーマになると親しい親しくないに関わらず、結構カジュアルに聞けるし、話す人が多いです。

 

「お財布分けてる?」=「お金の管理どうしてる?」っていう話になるので、趣きが違ってくるからでしょう。

聞いた方は流れで「うちの場合はね〜」って自分たちの話もできて一方通行じゃなくなるから会話が広がる。そこからお互いの事情を知れば、家計のやりくりの相談や夫婦のコミュニケーションの話題に広げたりもできます。

 

「お財布、分けてる? まとめてる?」って、たった一言で返せるイージーな質問のようでいて、実はそこから読み取れる情報って多いのです。夫婦間でお互いの給料明細や貯金通帳を開示し合えるほど、信頼関係は築けているか。家庭内のパワーバランスは均等か、モラハラめいたことはないか、やましいことしてる気配はないか、などなど。どんどん踏み込んでいけちゃう! 気づいたら人生相談みたいになってる!

「お財布」っていうと軽く聞こえますが、要は経済の話ですから。夫婦がどう生きるか、っていう重要な話なのです。

 

お金の話が大好きな私の場合は、「聞きたい! 知りたい!」という好奇心を満たしつつ、実のある節約術や節税のアドバイスなんかもゲットできて嬉しいかぎり。しまいには「そんなんじゃダメだよ!」と女友だちに経営コンサルしてもらっている…という状況が多々あります。そう、ダラ嫁の私は、お金の管理も苦手だったのです。


 

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU