ダラ嫁が夫にダメ出しされない秘訣?夫婦のお財布を分けるとイイコト

Pocket

 エコバッグに刷りたい「闇金ウシジマくん」の名言

『闇金ウシジマくん』1巻 (ビッグコミックス)

何のあてもなく「好きなことやって生きていきたい!」とライターをはじめた私は貧乏生活に慣れきっていて、お金に関する大体のことは『闇金ウシジマくん』で学びました。お金のことを考えると頭痛がしてくるのでなるべく考えないようにするクセがついてしまい、やっと人としてまともな生活ができるくらいお金をいただけるようになって、結婚して、親になってからも、そのクセが抜けません。

やべーじゃん…。

お金大事、っていうより、お金のことをちゃんと考えられる頭、大事。

「金がすべてじゃねぇが、すべてに金が必要だ」とウシジマくんは言っています。ほんとそれな。エコバッグに刷りたい名言。

 

旦那のメインバンクすら知らないっす

ここでせっかくなので(なのか?)自分んとこの話をしますとね、うちは、夫婦でお財布を分けてます。

え、あんだけ信頼関係は? パワーバランスは? モラハラは? やましいことは? って前置きしといて、分けてんのかい! て話ですよね。

すいません、分けてるどころか、お互いの年収がいくらなのかも知りません。通帳を見せ合うとかもしたことないです。なんならどこにしまってあるのかも、メインバンクがどこなのかも知らないっす。別に秘密にしたいからではなくて、自分のお金のことを考えるだけでも怖いのに、旦那さんの大事な大事なお金を扱うなんて、絶対無理。

じゃ逆に私の全収入を夫に預けてお小遣い制にして、家計管理してもらえばいいじゃん、ってなりそうですが、夫もそんなにヒマじゃないし、私もフリーランスのモチベーションとして、自分で稼いだお金は自分で握りしめたい! って気持ちがあります。

 

よって、うちでは夫婦がそれぞれのお財布を自己責任で管理してます。

今までのところ、お財布を一緒にするメリットも必要性もないから自然とこうなりました。

 

約束事としては、どちらかが生活費を渡す、など夫婦間で金銭のやりとりはしないようにしています。家に関する出費は夫、食費と子供に関する出費は私から、と決めていて、その金額が毎月大体同じです。その他は、自分のものは自分で買う、一緒に出かけるときのお会計は割り勘、という感じ。だから、まぁまぁフェアにやっているのかな、ぐらいのゆるい割り勘スタイルです。

 

夫の年収を知らないとはいえ、うちの場合は夫が会社員なので、年齢と会社の規模と職種とで、なんとなく「このぐらいなんだろうな…」という想像はついてます。

パートナーの年収が想像できない場合は、グーグル先生に聞いてみればなかなかの精度で教えてくれますが、くれぐれも、よそんちのご主人の企業名や肩書きで試すのはやめましょうね。十中八九、虚しくなるだけだぞ!

 

一方、私は完全なるフリーランスのエディターで、月によって仕事のボリュームが違うし、案件によってギャラもまちまちです。めちゃくちゃ忙しい月でも収入が低い、なんてこともザラ。なので、同業者でも「このぐらいなんだろうな…」と想像することは難しいのではないでしょうか。どこの馬の骨ともわからない、いくら稼いでいるかも見えない、見えたところで一年後はどうなってるかもわからない、そんな危ない経済力の女。

夫から見たら(というか誰の目から見ても)、私って、怪しいよね。心配になるよね。

ダラ嫁だけど夫にダメ出しされない

 

 

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU