絶対に譲れない条件がそこにはある。年収1千万円超えよりレアな私の結婚相手の条件

Pocket

年収1,000万円超えよりもレアな男

「婚活」って言葉もまだ知らなかった頃、私、自分が結婚できるとは思ってなかったです。何人かの男性と交際して、おふざけで「結婚しようね♡」みたいな口約束を交わした経験もありましたが、何度かの破局を経験するにつれ、「あ、これ無理かも」という手応えをひしひしと感じていました。恋愛市場においては、自分が世間一般でいうところの「ヤバイ」範疇の女なんじゃないかなって自覚があったし、何より、私が結婚相手に求める条件がハードル高すぎでしたから。

 

実は私、昔から煙草を吸う人と、AVを見る人がダメなんです。最近だと喫煙者はだいぶ減ってきてる印象ありますが、AV見ないのはちょっとレアケースですよね。見てますよね、みんな。隠してるだけで。もしかしたら年収1,000万超えの人を探すより、AVまったく見ないという人を探す方が難しいかもしれません。

 

今は多くの方がネットでAVを見てるので、黙ってたら分かんないじゃんって思うかもしれませんが、10年前だと、やっぱりDVD買ったりレンタルしちゃったりするわけですよ。すると、部屋に痕跡が残るわけです。そういうのをいちいち発見してしまい、100年の恋も一気に冷める、みたいなことが何度も何度もあり、私、結婚できないな…、と腹を括っていました。

 

決してAVを不潔と思っているわけではなく、自分では好きなAV女優さんが何人もいるし、見てて(見るのかよ)カワイイ! キレイ! エロい! って楽しんだりもできるのですが、なぜか、自分が恋愛対象にしてる人がAV見てるのは無理なんですわ。ワガママでごめん。

 

ちなみにうちの旦那さんは「AV見ない」という条件をクリアしてきたレアケースなのですが、残念なことに喫煙者でした。私は煙草を吸う人とは付き合えないと伝えて極力、私の前では吸わないようにしてもらい、百歩譲って(AV見ないのに免じて)付き合ったとしても結婚はできない、と伝えてありました。

 

これは私の自慢なのですが、結局、式の当日まで喫煙者だった彼ですが、新郎新婦の控え室で、「これ最後の一本!」と言って吸ってから、それ以来、10年間マジで一本も吸っていないのです。イケメンかよ。

 

自分のことを棚上げして、結婚相手には、普通に考えたら「いないだろ」っていう厳しい条件を図々しく掲げていた私。でも、許せないことに目をつぶって結婚して、あとあと無理が出てくるんだったら、ワガママだと笑われても、自分の主義主張を通しておいた方がいいと思います。生活を共にするにつれ恋愛感情が盛り下がってきたときに、「これだけは譲れない」と守っておいたものが、きっと自分を助けてくれることになるでしょう。今だったら、結婚相手の条件に「SNSやってない人」ってのも付け加えたい。まー、無理でしょうね。

 

Text/ティナ助

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU