夫婦の会話が盛り上がらない!けど「好き」より「それな」が合えばいい/ティナ助

Pocket

 

好きは一致しないけど

 

ぶっちゃけ結婚して10年にもなると、二人の間でそんなに「話したい!」っていうアツいトピックはなくなってきます。私と夫は特に、共通の趣味がありません。私は持って生まれたミーハーな性格のせいでわりと趣味の幅が広いのですが、それでも、同担じゃないけどアイドルヲタ同士、とか、ジャンル違いだけどアニメや漫画という大きな括りの中では情熱を共有できる、とかそんなレベルでもなく、とにかく夫とは気になるものがカブらないのです。

 

しかし、「好き好き大好き!」っていうポジティブ部分ではお互い共感ができないのですが、「これが苦手、なんとなく」というふんわりとしたネガティブ部分では、私と夫のセンスは驚くほどマッチしています。

 

誰が見ても「これは無理!」というくっきりとしたものではなく、「たぶんみんなは気づいてない、気づいてはいても流せるのだろうけど、地味にくる」という対象に接したとき、私と夫は目と目を合わせなくてもお互いの気配でわかります。無言で「ん…」と確認し合い、対象から距離を置き、ことなきを得るというテクを自然と身につけました。

 

それはもちろん対人関係だけの話ではありません。家族として一緒に暮らしていると、教育、食事、消費、色んなシーンで瞬時に時間配分や優先順位を決めなくてはいけないことが発生します。あらかじめルールなんか決めておかなくても、「これはなんかイヤ」「こういうのはよそう」というふんわりとしたネガティブ感覚を普段から共有できていれば、言葉を発する前に決断が下せるので便利なのです。

 

夫婦は会話が大事! なんて鼻息を荒くしておきながら、結局のところは、不愉快な場面で言葉を発する前に「それな」と通じてくれる相手を欲しているダラ嫁の私。たぶん、借金も浮気もモラハラも面倒臭いからしない。性格なんて一致してんのか不一致なのかわからないけど(そもそも自分以外の人間と性格が“一致”することってあり得るのか?)、たぶん、大丈夫。きっと夫とは添い遂げられるような気がします。なんとなく。

 

Text/ティナ助

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU