家事をやらない男はセクシーか?インスタに可愛い“私”をアゲる女はブスなのか?/ティナ助

Pocket

tinasuke19

 

先日、私の一番のお友達である幸せの青い鳥(twitter)と戯れていたら、

 

「家事と育児を頑張ってると妻から男として見られなくなる、一方、家事は妻に任せて外で奔放に遊んでいる男には性的な魅力がある」

 

というトンデモねーロジックを目にして、ベッドから転げ落ちました。とうとう老眼がキちゃったかも!と自分の目を疑って5回くらい読み返してみましたが、やはりそこには、家事は女に丸投げして、自分は仕事に邁進し外でそこそこに遊んでるのが男としてイケてる、ていうようなことが書いてありました。お…、おう…。そうかい。人間だもの。間違った考えを持ってしまったり口が滑ってしまったり酒の席でヤラかしてしまうこともあるでしょう。わかる。でも、twitterは鍵のついた日記帳ではありません。当たり前にそのアホみたいなロジックは瞬く間に拡散され批判の対象となり、まー、よく燃えてましたね。

 

この久々の炎上物件、なんでこのボンクラがこんな考えを持つに至ってしまったのか、そもそもこの男に(かわいそうな)妻はいるのか、しっかりその水脈を辿りたかったのですが、関連ツイートを掘れば掘るほど、私としてはそのつぶやきに反応する女性たちの膨大な量の悲痛な叫びの方に心を掴まれてしまいました。親指を滑らせても滑らせても、彼女たちの声は鳴り止まないのです。彼女たちが「家事を手伝わず外で遊んでいる男」に奪われたものの大きさが、私の胸に突き刺さってきました。

tinasuke19

 

もうひとつの炎上物件

まず、そんな自分勝手なパートナーに当然の業務として家事を押し付けられた女たちが、かつてはどういう女の子たちだったのかな、と想像してみたら、少し前に、青い鳥界隈をお騒がせしていたもう一つの炎上物件が思い出されました。歯に衣着せぬ毒舌に定評のある某タレントが、番組内で「インスタ女子」をこき下ろしたコメントが激しい賛否両論を巻き起こしたのです。

 

要約すると、番組では食べ放題のスイーツブッフェでろくに食べもせず写真ばかり撮って帰る女性客がいて店側の大変な迷惑である、インスタの大流行による弊害である、という内容が紹介され、それに対して某タレントは「SNSに可愛い写真上げたからってお前はブスなんだからな」とコメントし、「ブスは地に足つけて生きろ!」と結んでいたのです。

 

それについては、もはや議論に参加するカロリーすらもったいないというか、「ほっとけよ」という一言に尽きるのですが、そのタレントの暴言に対して(予想はしていたものの)「よくぞ言ってくれた!」的な賛同コメントが殺到しているのを目にして心底ゲンナリしてしまいました。

 

そのタレントが「ブス」が嫌いなのか「インスタで楽しそうにしている女」が嫌いなのかは知らないけど、とにかく、女が幸せそうに暮らしていると「調子に乗っている」とブチ壊さずにはいられない層ってなぜ絶滅しないのでしょう?

 

私が一番我慢ならないのは、たとえそれが自分たち大人やオッサンが、金儲けや自分らの都合のために作って女子供に与えたものだったとしても、それを使って楽しそうにする女子が増えすぎると(ブームになると)、バカにして鼻を折らずにはいられない、という頭の悪さなんだ。頼む。頼むから、絶滅してくれ。

41EI8V5V9KL

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU