性的なサムシングじゃないけど「彼氏が欲しい」/トイアンナ

Pocket

series_05-1

engagement-1718244_1280

こんにちは、働くのが大好きなトイアンナです。キャリアウーマンしてた頃は200時間残業も何のその、フラフラになりながら「あー、仕事頑張った」と自尊心を高めていました。ただ、いくら仕事好きとはいえ疲れないわけじゃありません。好きなことをしてても、しんどいものはしんどい。

 

死ぬほど原稿が溜まったときは青ざめた顔で「そうだ、熱海で温泉に浸かっている妄想をしよう……。きゃー、すっごい景色! 露天風呂おっきーい♪♪」と呟きつつ執筆しています。フランダースの犬ではネロが死ぬ前にルーベンスの絵を見たがりましたが、私はきっと死ぬ間際、脳裏に熱海がこびりついているに違いありません

 

露天風呂なら、彼氏欲しい

 

熱海で露天風呂、一人旅行も楽しそうですが、キャッキャするのにソロ旅行の妄想はしづらい。そこでつい呟いてしまいそうになるのが、「彼氏欲しい」の一言。みなさまにも心当たりがありませんか? 本当は彼氏なんていなくてもいいのに、目の前の仕事がしんどくて「彼氏欲しい」とつぶやいたことが……。

 

そして今さらですが、わたくし既婚者です。死にそうな顔で「熱海ィ……」って呟いている前には夫が座っている。ただこちとら、「彼氏欲しい」に深い意味はありません。彼氏というより、何でも思い通りに動く下僕が欲しいだけです。

 

「いいよ、僕が代わりにメール返しておくね」

「いいよ、僕が宿も足も手配しておくね」

「いいよ、肩こってるでしょ? マッサージしてあげる」

と、ホストも裸足で逃げ出す彼氏の妄想をして「休みてえ」って思ってるだけなんですから。

 

けれどウッカリ「彼氏欲しい」と言おうもんなら、関係にヒビが入りかねません。あなた違うの誤解しないで! 性的なサムシングじゃないの、休暇的なエニシングなの!

 

 

 

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU