「長期的な戦略には夫が必要」打算だらけの結婚/トイアンナ

Pocket

長期戦略には彼が必要だから

じゃあなぜ離婚しないのか? 一度真剣に考えたことがあります。愛とか恋とかエモい話は置いておいて、なぜ結婚という制度を利用し続けたいのか? それは長期的な仕事を考える上でもパートナーが欠かせないと判断したからです。

 

「これなら売れる!」と確信を持てた大きなプロジェクトは、彼との何気ない会話から生まれました。TOFUFUの連載は彼100%ですし、インスピレーションや深層心理レベルまで含めれば彼は私の仕事を支えてくれる最高の味方です。

 

さらに言えば「そろそろ仕事休んだら?」「一緒に晩御飯食べようよ」と声をかけてくれる彼のおかげで1日3食同じ時間に食べ、仕事へ休憩を挟ませてもらってます。この1年働いてあとはどうとでもなれと思うなら毎日徹夜でアルコールぶち込んで仕事したほうがよいでしょう。けれどあと40年働くなら、彼と一緒の方が長生きできると確信できます。

 

打算的という考え方もあるでしょう。しかし打算なき愛だけなら婚姻制度はいらないのです。私は夫から、夫は私から何らかの便益を受け取ってほしい。おそらく彼もまた私と3食共に食べ、時には「野菜をもっと食べろ」と無理やり一品追加されることで寿命を延ばしていると信じています。

 

年の半分は別居することにした私の責務は、体調を崩して夫を泣かせないためにこれまで通り健康で文化的な最低限度の生活を維持することなのだと思っています。「昼からアルコールを飲まない」「1日2回は食べる」「毎日同じ時間に寝起きする」など、ひとつひとつはささやかな約束を通じて、リモート夫婦生活は続けられそうです。

 

Text/トイアンナ

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU