「そんな相手ならもう離婚しなさい」親が言うまま離婚した場合/トイアンナ

Pocket

series_05-1

hands-1246170_1280

こんにちは、トイアンナです。かつてTOFUFUの姉妹サイトAMという媒体で「親が気に入る相手ならいい」と婚活する女性について書きました。

 

自分の結婚相手なのに判断を親へ丸投げしてしまう背景には「これまで親の言う通りにして人生うまくいったから」という成功体験があります。これまで親の言う通り勉強・進学・就職して幸せだったなら、これからも従わない理由なんてあるでしょうか。「そろそろ落ち着ける相手を探したら」というアドバイスへも従順に従い、さあ結婚にこぎつけるわけです。

 

極端な例では、プロポーズしてきた彼の前で親に電話し「今、〇〇君にプロポーズされたんだけど結婚したほうがいい?」とお伺いを立てた事例まであります。

 

乗り越えられる課題も離婚で終わらせてしまうリスク

 

そして最近耳にするようになったのが「親の言うがまま離婚」です。普段から親子仲のいい家庭では、彼について両親へ相談することもよくあります。しかし親離れ・子離れができていない家庭の場合は「あなた、そんな相手とならもう離婚しなさい」と親が離婚を決めるのです。

 

この世には嫌がる娘を親が引きはがしてでも離婚させるべき例もあるでしょう。毎日殴られているなどDVが絡んでいたり、夫が犯罪を犯し、実家をマスコミの取材から守るために離婚をお願いせざるを得なかったり。

 

ところが親子がべったりくっついている家庭では「そんなことで離婚を勧めなくても」という実家の口出しもちらほら見られます。たとえば家事の分担がうまくいっていない、子供を作りたい時期がズレている……などは、夫婦で話し合える課題です。

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU