私は好きにした、君も好きにしろ。我慢より「好き」を優先した結果/トイアンナ

Pocket

series_05-1

1115toiannna

 

こんにちは、トイアンナです。自分で言うのもなんですが、ファッションにポリシーが無い方です。彼氏ができるたびにファッションがコロコロ変わるタイプ。ふんわりスカートがよいと言われればUNIQLOへスカートを買いにゆき、俺ジーンズ派と言われれば東のDIESELへ走る。

 

さてここで切腹しますが、男の意見でコロコロ服を変えるヤツのほとんどはメンヘラです。ですから私も病む素質はあると思います。が、それ以上に自分のファッションセンスが極端……というか、ないことを知っています。

 

ああ、愛おしきモード系の日々よ

彼氏がいなかった期間、私が買っていたファッション雑誌は『装苑』『SPUR』『MODE et MODE』。「あっ……」とお察しになられた方も多いはず。私はファッション初心者のくせにモード沼ずぶずぶで、蛍光色のジャケットや民族衣装など痛いファッションがどうぁい、どわぁいっ、大好き!

 

しかしそのセンスじゃモテないことは、さすがに当時から理解しておりました。それどころか友人もちょっと離れて歩くしまつ。さすがにこれじゃいかんと思い、途中から学生らしくマルイでワンピースなど買ってみます、が、好きになれない。嗚呼、アシンメトリーよ、原色よ。お前たちのいない日々など、ただの余生に感じてしまう、これって……恋?

 

今ならわかり始めてきた、ベーシックなモノトーンや中間色のエレガンス。主張ばかりするファッションは目が痛いだけでオシャレでもなんでもないことを。それでもアンパンマンカラーを求めてしまうのは、きっと視覚がお子ちゃまだからなのでしょう。

 

終わっているセンスと、世間への迎合

そんな私ですが、ここ数年はおとなしベージュやグレー、ピンクを愛しておりました。というのも夫はがちがちのコンサバファッションだからです。もともと夫は被服費を私の10倍かけるオシャレ好き。夫から見れば私はセンス皆無のサイケ野郎でした。

 

「頼むから、その服ではデートしないで……」
「その鞄、本気で使うの?」
「お、俺はその色、好きじゃないかも……」

 

と、ありとあらゆるボキャブラリーで服装の変更を願ってくる夫。自分でもセンスがいかれていると分かっていたので「まあいいや」と従いまして、ガラリと服装を変えました。論より証拠、BEFOREとAFTERをご覧ください。

1115toiannna2

これくらい変わりました。

 

というわけで無難コーデに落ち着いてから結婚し、今に至ったわけです。とはいえ私にとってコンサバファッションとは「嫌いじゃないけど興奮しない」服装。結婚式に至っても「スカートが全部めくり返って天井に向かって生えているドレスとか着られないなら何でもいいや」と、夫が選んだものを着る始末。(その結果とどこおりなく結婚式ができました)

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU