年末年始で実家への帰省が地獄化する3つの地雷ポイントをおさらいします

Pocket

実子は潤滑油になるべし

最後のポイント。

 

実子にとっても「他人の家」になった実家。でも、実子の妻・夫からすると他人感はもっと強くなります。

 

二世帯住宅でも同じように、両親と義理の娘・息子が揉め事なく過ごすには、実子の果たす役割は重大です。何しろ、両者を一番よく知っているのは、実子ですからね。お互い違う生活スタイル・価値観を持つ者同士が同じ屋根の下で過ごす帰省中に、何が地雷になりそうかが分かるのも実子です。

 

自分が実子であるとすれば、取り持つ意識を持つこと、パートナーの実家への帰省であれば事前に「よろしく!」と一言頼んでおくこと

 

楽しい帰省を楽しくするのは、実子の双肩にかかっているといっても過言ではありません。

 

相手が親であっても「親しき仲に礼儀あり」を意識することが、帰省を快適にする鍵となります。

 

次回の記事では、帰省中の親戚付き合いについてのあれやこれやを紹介します。

お楽しみに!

 

Text/斗比主閲子

Pocket

運営会社    お問い合わせ    利用規約    プライバシーポリシー    TOFUFUについて
© TOFUFU